札幌市の外壁リフォーム専門の住建プランニングでは外壁金属サイディング工事、外壁乾式タイル工事・塗装工事を「家計負担無し」、住宅ローン借り換えにより実現いたします。

お客様喜びのインタビュー(外壁張替え・内装リフォーム)

家の中でも、キャッチボールやってるんですよ!

大掛かりなリフォームをすることになったきっかけを教えてください。

H 様(妻):
結露がひどくて気になっていたんですが、吉崎さんがお向かいの工事をされたときに、「何か困ったことはありませんか?」とうちに来てくれて、その時には「別 に困っていませんから」と答えたんです。 でも何度も来ていただいたので、「ちょっと結露が気になって」と素直な気持ちを言ったんですよ。そしたら「じゃあ、家を見させていただけますか?」と結露のところを見ていただいたのがきっかけですね。

吉 崎 :
そうでした、2階に案内していただいたんですよね。 その後、ご主人にお会いしましたけど、ご主人さんのリフォームするきっかけと私の印象はどうでしたか?

H 様(夫):
吉崎さんが体育大学系の出身の人らしいと聞いて、僕も体育大学出なので、何か親近感がわいて、「それなら会ってみようかな」と。何度も足を運んでいただいているということだったので、会うだけあってみようと。

吉 崎 :
ご主人にも遅い時間に工事の打ち合わせをさせていただきました。ありがとうございました。

H 様(夫):
共働きだから僕らが生活するには困らないんだけど、結露とか、家自体に欠陥があるし、子供にはいい環境じゃない。だから少しでも子供が広々と生活できるような環境に変えてあげたいな、と。 この家を作った時は子供が何人できるかもわからなかったし、どういう風に子供部屋を作るかとか何も考えない状態で作ってしまったから、子供に合わせた部屋をちょっとでも作ってあげようかな、と。 親として子育てしやすい環境づくりをしたいなと思ってね。

吉 崎 :
お子さんのことを考えて、それがリフォームの決め手となったんですね。

H 様(夫):
僕たち今までセールスマンに恵まれなかったんですよ。家を買う時もそうだし、車を買う時もそう。すぐ辞めちゃってて、クレームを言いたくても言えない。 だから吉崎さんに対しても信用できる人なのか半信半疑だったんだけど、実際に会って話をしてみると、この方だったら信頼できると思えた。僕らの立場にたって物事を考えてくれたし、アフターサービスも信頼できそうだったから。

吉 崎 :
私のアフターはいかがですか?

H 様(夫):
何か困ったことがあったら、というだけじゃなく、個人的にも電話したいなと思いますよ。それは商売を越えた人間同士のつながりがあるので、ビビッときたっていうか、それが決め手ですよね。

H 様(妻):
あと何度も足を運んでいただいたということですね。玄関先で、長くない時間でパッと帰られて、でもまたいらして。そういう風に何度も足を運んでくださったのが、信頼するきっかけだったかもしれないし、本音がポロッと出たんですよ。

「体育大学出身と聞いて、会ってみようと思ったんです。」

「体育大学出身と聞いて、会ってみようと思ったんです。」

吉崎にリフォームを頼もうとするのに、何か迷いとか不安はなかったですか?

H 様(妻):
結露のところだけを直したらいいのか、吉崎さんに言われた通り間取りも全部直したらいいのか、それに関わってお金のこととか、そういうところが迷いましたね。

吉 崎 :
H さんは新築で家を建てるときは銀行の住宅ローンを利用されたんですが、リフォームでも借り換えと合わせて借りることができることは、僕と出会う前 にご存知でしたか?

H 様(妻):
いえ、知らなかったです。だから借り換えのプランニングと合わせて工事を進めていけると知った時は、「それならリフォームしてもいいのかな」と思いました。

H 様(夫):
僕はお金のことはこちら(奥さん)に任せているので、こっちが「いいよ」という事であれば、僕はOKだから。

吉 崎 :
お二人で銀行に来ていただきましたが、新築の時と感覚が違うなというのはありましたか?

H 様(妻):
吉崎さんに何度も足を運んでいただいて、プランをいっぱいだしていただいていたし、その中から丁寧に説明してくださったので・・・。

実際に工事が始まってみて、どうでしたか?

H 様(夫):
木材の部分とか欠陥の箇所をあからさまに見ることができて、良かったですね。 大工さんの方もただ工事をするんじゃなくて、ちゃんと説明してくれながら、工事をしてくれたので、こっちも説得力があったし納得できるので、「ああ、やって良かったな」と。 「こんなに木、腐ってるよ」と、そういうのがどんどんあからさまになって、「これがきれいになるんだな」という安心感にもつながったし。

H 様(妻):
「奥さん、来るまで待ってたよ」と工事をしないで「こんな風になってたよ」って見せていただいて。「あと10年もしないうちに傾いていたんじゃないの?」と言われたときは、吉崎さんに出会ってリフォームして本当に良かったな、と思いましたね。丸ごとリフォームになっちゃったんですけど、今では結露も何もないし。

吉 崎 :
24時間換気を入れましたからね。H さんが新築を建てたころはなかったので。音は気にならないですか?

H 様(夫):
全然気にならないですよ。

吉 崎 :
結露が原因で外壁を1度張り替えてるんですよね。

H 様(妻):
そうです。最初は青いサイディングだったんですけど、排気口のところがボロボロになってきて、「これは、ひどいな」と思いながら数年後にサイディングだけを張り替えていただいたんです。その時はオレンジっぽい色にしたんですが、またボロボロになってきて。 今回、吉崎さんに「このタイルだったら一生モノですよ」と勧められたものはすごく気に入っています。

H 様(夫):
色もおしゃれな感じになりましたよね。この辺はみんな同じ会社だったから似たような感じだったんだけど、うちだけ特別注文のように一気に変わっちゃったみたい。

リフォームをして、何が一番良かったですか?

H 様(夫):
吉崎さんが連れてくる下請けの工事の人はみんないい人ばかりだったね。

H 様(妻):
本当に。全部いい大工さんだった。

H 様(夫):
あとは収納スペース。家族が増えたから、収納スペースを有効的に使えるのは嬉しい。 それと最初の家の時に使っていたカウンターキッチンの貴重な木を捨てるのがもったいと、おしゃれなパソコンの机を作ってくれましたよね。 結婚当時の思い出の木を再利用してくれたから、その木を見ると20代を思い出すんですよ。花嫁ダンスと一緒だよね。

H 様(妻):
「奥さん、まだ使えるよ」って家具のリフォームもしてくれて。そういう大工さんの心配りというのがすごく嬉しかったよね。

以前のカウンターキッチンの木を使った、パソコン机

以前のカウンターキッチンの木を使った、パソコン机

ご家族は何とおっしゃっていますか?

H 様(夫):
子供たちはリフォームする前の記憶がうっすらと残っているから、その頃の話 をするのが面白いですね。 「ここ、あの部屋だったよね」とか、「ここで寝てたよね」とか。 あと、玄関先とか車庫とか広くなって、車庫でキャッチボールができるようになった。 家の中でもやっているんですよ。 そういう子供と遊ぶスペースができたことがいいのかな、と思います。中も外も。 あと、吉崎さんはアフターもいいよね。電気が切れたとかエアコンの調子が悪いとか、何年たっても電話一本ですぐきてくれるし。 たまたま時々吉崎さんの顔を思い出した時にふっと現れる、謎の人というか本当にタイミングのいい人だよね。

H 様(妻):
そうね、借り換えの時も本当にタイミングが良くて、助かりました。

H 様(夫):
僕も吉崎さんだから、上司に信頼できる人だとご紹介したし、そういう人と人とのつながりを僕は大事にしているから。まさに吉崎さんはピッタリでした。

吉 崎 :
これからもHさん、よろしくお願いいたします。アフターもバッチリしますから。 今日はお忙しい中、ホントありがとうございました。

 

「居間が広くなって、素振りができる」と大喜びのケンヤ君。

「居間が広くなって、素振りができる」と大喜びのケンヤ君。

 

その他のインタビューを見る

PAGETOP