札幌市の外壁リフォーム専門住建プランニングでは外壁金属サイディング工事、外壁乾式タイル工事を「家計負担無し」、住宅ローン借り換えにより実現いたします。

お客様インタビュー (乾式タイル外壁リフォーム)

私、吉崎を知ったきっかけからお話してください。

K様(妻):
吉崎さんが何度か訪ねてきて、主人が居る時に外壁の話を聞いてほしい、という感じでしたよね。

どうして外壁リフォーム工事をしようと思ったんですか?

K様(夫):
最初は、全くやる気はなかったんです。

K様(妻):
「10年たったらやらないといけないんだよね」みたいな話をしていて。上の方に住んでいる友達の家とかやりだしたんですよね、タイルみたいに。 そしたら、営業の人がピンポンしてくるようになったんです。 それでなんか意識し始めたんですよ。外壁をやらないといけないんだよね、と。

吉 崎 :
家を建ててから何年くらい経っていた時でしたっけ?

K様(夫):
7年くらいですね。

K様(妻):
それで、タイルを貼るとか、サイディングがあるとか、塗装とかって話を聞いて、パパが「やるんだったら、タイルがいいよね」と話をして。 そしたら吉崎さんに会った時に、「タイルの工事をやっているんですよ」というから、話を聞いてみようかと思ったんですよ。 でもタイルは高いという話を聞いていたので、予算的にもダメだよな、と諦めていたんです。

吉 崎:
じゃあ、タイル自体はお友達や知人の方がやられていいな、という印象はあったんですね?

K様(夫):
そうですね。10年たったらリフォームをしなきゃな、と思ってました。

外壁をリフォームするなら、タイルって思っていたんです。

外壁をリフォームするなら、タイルって思っていたんです。

外壁のリフォーム以外に気になるところはありましたか?

K様(夫):
やっぱり費用ですね。 タイルはいいものだなと思っていても、費用を捻出できるのかと。 でも、今の住宅ローンを払っているのと同じ支払いで済むと聞いて、それならやってもいいかな、と思ったんです。 まあ、3年ごとの切り替えがちょっと面倒くさいですけど。

吉 崎:
K様さんのところはローンの借り換えの審査もすんなり通って良かったです。

費用はどうなんだろう、と気になりました。

費用はどうなんだろう、と気になりました。

工事を私に実際に依頼するまで、迷ったことや躊躇したことはありましたか?

K様(妻):
あんまり勉強してなかったから(笑)。タイルって割れないのかしら?って思っていたぐらい。

K様(夫):
それに永久っていうけど、本当に永久価値があるのかな?とは思いました。 コーキングは大丈夫とかっていうけど、なんだかんだっていっても、またリフォームとか修理とかしないとダメなんじゃないかって。 でも、迷うということはなかったです。

工事を頼もうと決め手になった一番の理由を教えてください。

K様(夫):
やるかどうかは、お金のことが問題だったので、手続きをちゃんとやってくれたし、支払っていけるということだったので、吉崎さんでいいんじゃない?という感じでしたね。

吉 崎:
銀行にもご主人さんと一緒に行きましたね。奥さんはどうですか?

K様(妻):
いずれやらなきゃいけなかったしね。

職人さんってすごいんだな、と思いました。

職人さんってすごいんだな、と思いました。

実際に工事が始まってみて、どうでしたか?

K様(夫):
けっこう家のつくりって簡単なんだな、と思いました。板を貼って隙間にコーキングして・・・って思ってたんですけど、1回壁を剥がしましたよね。 こんなに簡単に剥がれるんだぁ、と。

吉 崎:
ご主人さんがお休みの日に、よく外からご覧になっていたのを覚えています。 奥さんは工事中に印象に残っていることはありますか?

K様(妻):
タイルを1個1個付けて行くんだな、すごい手間がかかるんだな、と思いました。 「なぜ、こんなに綺麗にモザイクの模様になるんですか?」って聞いたことがあるんです、職人さんに。 そしたら「だいたい箱の上から順番に貼っていったら、いい感じのモザイク模様になるんですよ」と言われて。「へー、そういう風になっているんだ」って。

吉 崎:
そうなんですよ。そういう質問をされるのは、女性ならではの疑問ですよね。

K様(妻):
タイルも一つ一つ見たら、みんな同じじゃなくて、濃い色のものや薄いものとかあるんですね。職人さんってすごいなぁ、と思って聞いたんですよ。

K様(夫):
タイルを貼る前にガルバニウムの下地を貼りましたよね。 うちの社員がけっこう家の前を通るんですけど、後輩が「Kさんち、外壁が黒になるんだね」ってみんなに言いふらしたみたいで、「お前んち、外壁、黒になるの?」って電話がかかってきたんですよ(笑)。 「何?」って思いましたよ。

吉 崎:
ベースの下地版が黒なので、近所の方が「くろの壁で素敵ですね」って言われるお客さんが多いんですよ。「この上にタイルを貼るんです」って説明されているそうですけど、Kさんもそうだったんですね。

「おまえんち、外壁、黒になるの?」って、電話が・・(笑)

「おまえんち、外壁、黒になるの?」って、電話が・・・(笑)

工事が終わって一番良かったことはありますか?

K様(夫):
この先、心配しなくていいということですね。

K様(妻):
本当にもうリフォームをやらなくていいんですよね。 家の色も失敗したとも思わなかったし。

吉 崎:
ご主人さんと一緒に見に行きましたよね?その後、奥さんとご主人も、やった現場を見に行ったんですよね。

K様(妻):
山の手ですよね。 そこを遠目で見たり、近くで見たりして、やっぱりこの色がいいなと思って。

K様(夫):
僕は赤い方でもいいと思ったけど、今考えると、この色にして良かったな、と思います。

吉 崎:
Kさんの所でお世話になってから、いろんな方をご紹介いただいて、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

吉崎さん、外壁はこの色にして、正解でした。

吉崎さん、外壁はこの色にして、正解でした。

 

 

乾式タイル外壁リフォーム工事

工事前 ビフォー

工事前 ビフォー

工事中

工事中

?
完成 アフター

完成 アフター

 

 

 

その他のインタビューを見る

PAGETOP